このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)を対象に当社製品に関する情報を提供しております。

国外の医療関係者および一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、閲覧はご遠慮くださいますようお願い致します。

あなたは医療関係者ですか?

※「いいえ」ボタンをクリックするとトップページに戻ります。

Optovue 社のiScan™ は、従来機iVue-100 の構成要素をコンパクトなスタイルにまとめ、音声誘導による高度な自動撮影機能を備えた一体型OCT です。
臨床に必要な基本スキャンに加え、効率よくスクリーニングを行うスキャンを搭載しています。

iScan本体 iScan画面イメージ
iScan™
■自動撮影
患者情報の入力後、スタートボタンをタップすることで自動撮影を開始、位置合わせ、画像の最適化、次のスキャンへの移行など全自動で行えるほか、必要に応じてマニュアル撮影も可能です。また、音声ガイドにより、撮影中の個視移動等を誘導し、検者の負担を軽減します。
■洗練された操作性
タッチパネルとわかりやすいアイコンにより直感的な操作できます。
■iwellness
1 回のスキャンで、Retina Map とNerve Fiber GCC を取得できます。OCT 画像、網膜全層マップ、GCC NDB 参照マップ、GCC 厚情報をひとつの画面に表示できます。
■同時表示機能
RNFL 厚とGCC 厚の結果を同時に表示、左右眼同時表示、変化分析(2 回~最大4 回まで)と、多彩な同時表示機能を搭載します。
■その他

黄斑部の網膜厚を測定し、厚みマップ、ラインスキャン画像を表示します。Cross Line に加え、3D スキャンでは黄斑部の立体的な観察が可能です。

視神経乳頭周辺部のRNFL 層の測定結果と、正常眼データベースとの比較結果をグラフィカルに表示します。また、緑内障診断の有力な指標であるGCC(Ganglion Cell Complex)厚の測定、視神経乳頭部の3 次元表示が可能です。

付属のCAM (Cornea Adapter Module) を取り付けることで、角膜厚の測定、評価および隅角の画像取得と角度の測定が可能です。

おもな仕様

OCT 画像スキャンレート 25,000A スキャン/秒
フレームレート 1,024A スキャン/フレーム
光学解像度(組織内) 深さ方向:5μm
横方向:15μm
画像サンプリングレート 横方向:8μm
スキャンレンジ (Retina) 深さ方向:2mm または2.3mm
横方向:2~12mn
波長 830~850nm
瞳孔への露光パワー 700~750μW
サイズ (W×D×H) 425×450×450mm
重量 約20kg
電源/周波数 AC100V/50/60Hz
電源入力 4.0A

おもなスキャンパターン

Retina Map
Retina Cross Line
GCC
ONH